お茶の水女子大学(読み)おちゃのみずじょしだいがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

お茶の水女子大学
おちゃのみずじょしだいがく

国立女子大学。 1875年女子教員の養成および女子教育の中心機関として御茶ノ水に開校した東京女子師範学校が前身。 1908年東京女子高等師範学校改称,1949年新制大学に移行した。文教育学部,理学部,生活科学部の3学部を置く。 1963年大学院を設置付属学校として幼稚園,小学校,中学校,高等学校を設置。所在地は東京都文京区

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

お茶の水女子大学【おちゃのみずじょしだいがく】

東京都文京区にあり,奈良女子大学とともに日本で二つだけの国立女子大学。1874年お茶の水に設立された東京女子師範学校が起源。その後,東京師範学校女子部,東京女子高等師範学校と変遷し,1936年,現在地に移転。1949年新制大学となり,現名に改称。2004年4月より国立大学法人へ移行。文教育,理,生活科学の各学部(2012年4月現在)。
→関連項目保育幼稚園

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おちゃのみずじょしだいがく【お茶の水女子大学】

東京都文京区大塚にあり,奈良女子大学とともに日本で二つだけの国立女子大学。1874年神田区宮本町(現,文京区湯島)の“御茶ノ水”に女子師範学校として創設。85年東京師範学校に合併され同校女子部,翌年高等師範学校女子部となったが,90年分離独立して女子高等師範学校となり,1908年東京女子高等師範学校と改称。1897年文科と理科,99年技芸科(後の家事科),1938年体育科を設置,今日の大学学部の基礎をなす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

お茶の水女子大学
おちゃのみずじょしだいがく

国立大学法人。1874年(明治7)東京・神田御茶ノ水に設立された官立東京女子師範学校が前身。1890年女子高等師範学校、1908年(明治41)東京女子高等師範学校となり、第二次世界大戦前における女子中等教員の養成に、西の奈良女子高等師範学校とともに大きな足跡を残した。1949年(昭和24)新制国立大学として発足し、校名も発祥の地にちなみ、お茶の水女子大学と改称した。戦後は中等教員養成を直接の目的とせず、広く女子の高等教育機関として各界に優れた人材を送ってきた。2010年(平成22)時点で、文教育学部、理学部、生活科学部の3学部が置かれている。1976年に設置された人間文化研究科(2007年人間文化創成科学研究科に改組)は独自の博士課程大学院として注目を集めている。湾岸生物教育研究センター、ジェンダー研究センター、生活環境教育研究センターなどの附属教育研究施設や、附属幼稚園、小学校、中学校、高等学校がある。2004年4月、国立大学法人法の施行に伴い、国立大学法人となる。所在地は東京都文京区大塚2-1-1。[馬越 徹]
『お茶の水女子大学編・刊『お茶の水女子大学百年史』(1984)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の大学ブランド商品の解説

お茶の水女子大学

[国立、東京都文京区]
[設置者]国立大学法人 お茶の水女子大学
[沿革・歴史]1875(明治8)年11月、東京女子師範学校が開校。1885(明治18)年8月、東京師範学校と統合し、東京師範学校女子部と改称。1886(明治19)年4月、高等師範学校と改称。1890(明治23)年3月、女子高等師範学校を創設。1908(明治41)年4月、東京女子高等師範学校と改称。1949(昭和24)年5月、東京女子高等師範学校を統合し、お茶の水女子大学を設置。2004(平成16)年4月、国立大学法人お茶の水女子大学となる。
[マーク類]学章は、茶の花がモチーフ。2006(平成18)年9月に商標登録済(第4990745号)。
[ブランド一覧]
おかめちゃん | お茶とお豆のパウンドケーキ | おちゃのみぃぜ | こどもちゃれんじ | ハーブ&焙茶 | ゆず&ミント緑茶
(注)記載内容は事典編集当時(2010年2月)のものです。内容・価格等はその後に変更になった場合もあります。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の大学ブランド商品」事典 日本の大学ブランド商品について 情報

お茶の水女子大学の関連情報