コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業のサービス化 さんぎょうのサービスか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産業のサービス化
さんぎょうのサービスか

経済活動の中で,物を作ること自体が生み出す付加価値,あるいはそれに従事する労働者の割合が相対的に低下し,サービス比重が増大することをいう。第一義的には,第3次産業ウエートが大きくなる現象であるが,第1次・第2次産業においても,技術開発,企画・デザインなど,直接生産にかかわらない部分の比重が高まっていることも,産業のサービス化にあずかっている。この傾向は今後とも進展するものとみられており,産業のソフト化ともいわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

産業のサービス化の関連キーワード産業の空洞化

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

産業のサービス化の関連情報