コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業技術フェローシップ事業(技術者養成事業)

1件 の用語解説(産業技術フェローシップ事業(技術者養成事業)の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

産業技術フェローシップ事業(技術者養成事業)

「産業技術フェローシップ事業」とは日本の産業技術力の強化を図るため、大学、研究機関、TLOなどのカリキュラムにそった技術系人材の養成を行う事業のことを指す。NEDO経済産業省の補助を受け、受け入れ機関、および養成を行う技術者の審査を行い、採用されれば、受け入れ期間は技術者を雇用する形で技術者の養成を行う。「産業技術フェローシップ事業」の採用分野は、実用化支援分野として、技術移転技術経営リエゾン知的財産権知的基盤技術開発分野として、ライフサイエンス、情報通信、環境、ナノテクノロジー・材料、エネルギー、製造技術、社会基盤、フロンティアなどが挙げられている。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

産業技術フェローシップ事業(技術者養成事業)の関連キーワードパートナーシップフェロー諸島NEDOカルシフェロールコレカルシフェロール性フェロモンフェローシップニーマンフェローシップ産業技術強化法産業技術ジュニアフェローシップ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone