コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

技術移転 ぎじゅついてん technology transfer

6件 の用語解説(技術移転の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

技術移転
ぎじゅついてん
technology transfer

日本企業の国際化が製品輸出の段階から現地生産や海外での研究開発シフトするにつれ,国内で保持している技術をいかに海外に移転するかが重要な問題になってきた。技術には,マニュアル化できないさまざまなノウハウの部分が多く,現地に人を派遣して直接業務に携わらせたり,指導を行なう必要がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぎじゅつ‐いてん【技術移転】

高水準の技術を他へ移行すること。企業間・地域間・国際間で行われる先進国から工業化をめざす開発途上国への移転など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

技術移転【ぎじゅついてん】

ある国が持っている技術を他国に供与すること。従来は発展途上国が先進国に対して技術革新前の古い技術を要望する構図が主流であったが,近年は,発展途上国の豊富で安価な労働力を背景に,先進国が発展途上国に対して最先端の技術を供与してライセンス生産させるケースが目立ってきている。
→関連項目中国高速鉄道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぎじゅついてん【技術移転 technology transfer】

ある技術が,国境をこえ,あるいは企業から別の企業に,移転または伝播する現象をさす。技術伝播テクノロジー・トランスファーともいう。この現象が重視されるのは,発展途上国の開発にとって不可欠だからであり,今日,国連その他国際機関で研究がさかんである。技術には,ハードウェア(生産技術)とソフトウェア(経営技術)がある。まず移転の形態から述べると,(1)科学文献,学者の交流という基礎的土壌の形成,(2)技術者,管理者の教育・訓練,(3)企業によるパテント(特許)の売買,ノウ・ハウ(特定の技術を特許権の登録をせず自社の秘密にしておくもの)の供与,(4)直接投資による自社技術の適用,(5)政府間技術協力がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぎじゅついてん【技術移転】

技術力の高い国・企業・産業分野から技術力の低い方へ技術が移されること。例えば、先進国から発展途上国への技術援助や、宇宙開発技術の民生分野への応用など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

技術移転
ぎじゅついてん
technology transfer

すでに存在する高水準の技術を他へ移行することによる技術開発をいう。諸企業間、諸地域間で生じる国内技術移転も含むが、普通には国際的な移転をさすことが多い。移転される技術は一般に、中間生産物、機械設備、人的能力、生産流通体系、マーケティングシステムなどさまざまな形をとる。ライセンシング協定、特許の譲許、経営契約、コンサルティングサービスなどの技術契約だけでなく、今日では、技能も含めた一括移転が特徴となっており、多国籍企業の直接投資によって移転されることも多い。
 技術移転は、生産性上昇のための有効な技術開発の手段であるから、発展途上国の経済発展にとっても重要な戦略と考えられる。しかし、今日もその効果を発揮している国際間の技術移転の大部分は先進国間のそれであって、先進国から発展途上国への技術移転はあまり成果をあげていない。その原因は、まず、特定の財貨を生産するための技術は、より一般的な生産に関する知識、さらには一定の教育水準や思考様式を前提とするものであって、国際間で一般的知識水準の格差が大きい場合、生産に関する技術の移転は十分な効果を発揮できないからである。また、発展途上国への技術移転は、現実には多国籍企業の直接投資によって行われることが多いが、その場合、移転される技術が発展途上国の経済にとって適当かどうかも大きな問題となる。発展途上国には資本に比して労働が豊富に存在しており、とくに都市には多くの失業者や半失業者が存在することが多いが、移転される技術が近代的、資本集約的なものであれば、雇用の創出効果や技術の習得効果は小さいからである。
 しかし、先進国からの直接投資は、それが発展途上国で一種の「飛び地」を形成することなく、そこでの生産要素の存在状態や技術水準に適合した合弁事業として運営されれば、適切な技術移転を通して、経営者、技術者、労働者が熟練と経験を集積することに貢献すると期待できる。[村上 敦]
『斎藤優著『技術移転論』(1979・文真堂) ▽朴宇煕・森谷正規著『技術吸収の経済学』(1982・東洋経済新報社) ▽山崎清・林吉郎編『国際テクノ戦略』(1984・有斐閣)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

技術移転の関連キーワード国境関税七十にして矩をこえずアジアマネー痴絵死線を越える波をこえてハングオーバー!!/史上最悪の二日酔い、国境を越える次世代技術《コレオグラフィーあるいは舞踊を記述する技術》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

技術移転の関連情報