吾人(読み)ごじん

精選版 日本国語大辞典 「吾人」の意味・読み・例文・類語

ご‐じん【吾人】

〘代名〙
自称。わたくし。僕。
※古文真宝彦龍抄(1490頃)「吾人と我を云は、親い中ならでは云まい」 〔李白‐春夜宴桃李園序〕
② 自称。複数を示す。われわれ。
※新聞雑誌‐七号・明治四年(1871)七月「抑東校御創立以来医学の進歩せしこと太(はなは)だ盛なるは吾人皆知る所なり」 〔史記‐河渠書〕
[補注]②については、「われひと(吾人)」の音読からとも考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「吾人」の意味・読み・例文・類語

ご‐じん【×吾人】

[代]
一人称人代名詞。わたくし。
諸君、請う―をして…あり社会を観察するところあらしめよ」〈河上肇貧乏物語
一人称複数の人代名詞。われわれ。
世間若し愛情なくんば恐らくは―の幸福を加えん」〈織田訳・花柳春話
[類語]我が輩それがし自分わたくし・わたしおれわし手前小生愚生あたくしあたしあたいあっしわらわあちき俺等おいらおら当方此方こちらこっちこちとらてめえ・愚輩・拙者身共不肖ふしょう迂生うせい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「吾人」の読み・字形・画数・意味

【吾人】ごじん

わが人民たち。また、我、我ら。〔後漢書、文苑上、崔伝〕、白の賦を作りて、以て風(諷)を爲す。梁冀を呼んで問うて曰く、百官外、各司存す。天下云云(うんうん)たる(乱れる)も、豈に獨り吾人の尤(とが)ならんや。君何ぞ激刺(げきし)することの(はなは)だしきやと。

字通「吾」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android