用金(読み)ヨウキン

精選版 日本国語大辞典の解説

よう‐きん【用金】

〘名〙
公用金銭公金
② 武家時代、幕府や諸大名が、臨時に富豪町人やその領内の人民から取り立てた金銭。御用金
※自然真営道(1753頃か)二四「用金貸上取鳥有乎」
③ 入用の金。
※浄瑠璃・伽羅先代萩(1785)一「御前を遠のけん為奢を進め込み、用金(ようきン)主君にあてがい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android