コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然真営道 しぜんしんえいどう

5件 の用語解説(自然真営道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然真営道
しぜんしんえいどう

「直耕」を人間の本来のあり方とし,四民上下や男女の別のない理想社会である「自然世」を説いた安藤昌益の主著。伝本には刊本と稿本があり,稿本は 100巻 92冊大序1冊のうち現存するのは 15冊だけで,刊本は3巻3冊だけが宝暦3 (1753) 年頃京都で刊行された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しぜんしんえいどう〔シゼンシンエイダウ〕【自然真営道】

江戸中期の思想書。安藤昌益著。稿本刊本があり、稿本は101巻92冊、刊本は3巻で宝暦3年(1753)刊。封建社会の批判、独自の医学説などを述べる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しぜんしんえいどう【自然真営道】

安藤昌益の主著。題名は,自然なる世界の根元をなす〈真〉(または〈活真〉)が営む道,すなわち自然界の法則性を意味する。これを明らかにすることにより,人間の社会の現実がその法則に反していることを示し,自然なる状態に復帰することを通じて,健全な身体と健全な社会を実現する方法を説こうとしたものである。一面では医学書であるとともに,社会批判の書でもある。同じ題名で稿本と刊本との2種類がある。稿本は本文100巻92冊と大序巻1冊とから成る大部の書で,1899年ころ狩野亨吉によって発見されたが,関東大震災(1923)で大半を焼失し,現存するのは原本12巻12冊(東京大学総合図書館蔵)と,人相巻の写本3巻3冊(慶応義塾図書館蔵)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しぜんしんえいどう【自然真営道】

安藤昌益の著書。1753年刊の三巻本と、明治後期に発見された稿本一〇一巻九三冊がある。健全な心身を論じながら封建的身分制を否定するなど鋭い社会批判を展開。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自然真営道
しぜんしんえいどう

江戸中期の思想家安藤昌益(しょうえき)(確龍堂良中(かくりゅうどうりょうちゅう))の著書。稿本と刊本がある。これまでの通説では、封建制社会否定論が展開される稿本に対して、世をはばかって、その穏健な部分のみを要約したのが刊本だとされていた。だが、近年では、刊本に自然観と医学理論批判とを記述した独自の思想内容を認めるようになった。稿本と刊本の相関関係については、今後の研究をまたなければならない。[三宅正彦]

稿本『自然真営道』

美濃(みの)紙に書かれた原稿で、もとは101巻93冊。成立年代を示唆する資料として、巻1の序に「宝暦(ほうれき)五乙亥(いつがい)二カ月」(1755)とある。後世方(こうせいほう)医学(中国の金(きん)・元(げん)代に、朱子学の影響を受けて成立した医学を祖述する江戸時代の一派)の病理論である運気論(うんきろん)の系譜を引きつつ、独自の気一元論、陰陽五行(いんようごぎょう)説を述べ、自然、社会、人体の本来的な合一、万物の相互依存性、人間すべてが生産活動に従う当然性、階級的・身分的差別の作為性を主張している。全巻は4部分に大別される。
(1)大序巻 原理論的叙述。
(2)古書説妄失糾棄(もうしつきゅうき)分(巻第1~24) 儒教・仏教など既成諸思想の批判と天照大神(あまてらすおおみかみ)、天皇制の尊重を説く。
(3)真道哲論巻(巻第25) 現実の差別社会を本来的・理想的な平等社会に変革する過程としての過渡的社会論など。
(4)自然真営道本書分(巻第26~100) 気の運動論と漢方全科にわたる自己の医学説。
 文章表現上、独自の用語や造字が多く、その漢文体はきわめて日本語的で、北奥羽とくに秋田比内(ひない)地方の方言を使うなどの特徴がある。本書は長らく世に知られなかったが、1899年(明治32)ごろ、明治~昭和の思想家狩野亨吉(かのうこうきち)が入手した。当時すでに第38、39の2巻2冊が散逸していた。1923年(大正12)東京帝国大学図書館に移譲された直後に関東大震災で大部分が焼失した。現在、東大総合図書館に所蔵される稿本は、「大序」、第1~9、24、25の12巻12冊のみである。24年、ふたたび狩野は東京の吉田書店から第35~37の3巻3冊の写本を入手した。現在は慶応義塾大学図書館所蔵。1952年(昭和27)さらに上杉修(おさむ)が中里進の協力によって、青森県八戸(はちのへ)市の岩泉也(いわいずみなり)家から第9、10の2巻2冊の写本を掘り起こした。現在、上杉家所蔵。[三宅正彦]

刊本『自然真営道』

3巻3冊。1753年(宝暦3)3月刊行。初刷本(しょずりぼん)の出版元は、江戸の松葉清兵衛と京都の小川源兵衛。後刷(あとずり)本は後者だけ。1752年の静良軒確仙(せいりょうけんかくせん)(昌益の門人で八戸藩の側医、神山仙庵(かみやませんあん))の「序」と昌益の「自序」を付す。「人は自然の全体也(なり)。故(ゆえ)に自然を知らざる則(とき)は吾(わ)が身神の生死を知らず」(自序)という立場から、独自の気一元論、陰陽五行説によって、天文、地理、人体を論じ、既成の漢方医学を批判した。文章表現上の特徴は稿本と同じである。本書の後刷本は1932年(昭和7)に狩野が発見し、現在は慶大図書館の所蔵。初刷本は1972年に村上寿秋(青森県三戸(さんのへ)町)が本家の村上寿一家(同県八戸市南郷(なんごう)区)から発見した。神山仙庵が各巻に署名押印し、第1巻には正誤を行っている。[三宅正彦]
『『安藤昌益全集 第1巻』(1981・校倉書房) ▽『日本思想大系45 安藤昌益・佐藤信淵』(1977・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の自然真営道の言及

【自然】より

…こうした用法は後の親鸞の〈自然法爾(じねんほうに)〉や日本の朱子学において用いられる〈自然(しぜん)〉についても言える。安藤昌益の《自然真営道》においても,自然(しぜん)は〈自(ひと)り然(な)す〉活真(生ける真実在)というように,実在の自発自主の運動を意味する形容詞として用いられ,まだ天地万物を指す名詞になりきってはいない。 他方,日本に蘭学が受容されると,英語のネイチャーnatureなどの訳語として〈自然〉という言葉があてられた。…

※「自然真営道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

自然真営道の関連キーワード安藤昌益安藤然なり人界統道真伝ピュシス桜田常久反世界秋田県大館市二井田渡辺大濤

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自然真営道の関連情報