コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田の実 タノミ

デジタル大辞泉の解説

た‐の‐み【田の実】

稲の実。和歌では多く「頼み」に掛けて用いる。たのむ。
「のちまきの遅れて生ふる苗なれどあだにはならぬ―とぞ聞く」〈古今・物名〉
租税。
「この秋の―を、おさめ果つるをまちて」〈読・弓張月・拾遺〉

た‐の‐む【田の実】

《「たのみ」の音変化》
田の実(み)1」に同じ。
田の実(む)の祝い」の略。また、その祝いの贈答品。
陰暦8月1日の異称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

田の実 (タノミ)

植物。イネ科一年草,薬用植物。イネの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

田の実の関連キーワード3月のライオン田の実の節供田の実・憑田の実の祝久米桂一郎田の実の節阿蘇神社八朔人形藤原冬緒免田事件頼も人形荘園図損田法班田使ちまき穂掛祭八朔節供田富

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田の実の関連情報