コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中仏心 たなか ぶっしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中仏心 たなか-ぶっしん

1867-1914 明治-大正時代の僧。
慶応3年4月10日生まれ。明治13年得度。山形県米沢の林泉寺内曹洞宗(そうとうしゅう)専門支校でまなび,20年から永平寺で修行。明治のはじめに廃寺となった道元ゆかりの吉峰(きっぽう)寺(福井県)を30年に再興した。大正3年8月9日死去。48歳。出羽(でわ)置賜(おきたま)郡(山形県)出身。旧姓は片岡。名は久弥,のち友昌。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田中仏心の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android