コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中穂積(読み)たなか ほづみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中穂積 たなか-ほづみ

1876-1944 明治-昭和時代前期の経済学者。
明治9年2月17日生まれ。「東京日日新聞」記者をへてアメリカのコロンビア大に留学。明治37年より早大で財政学,経済学を担当。昭和6年総長となり,大学の規模拡大などにつとめた。貴族院議員。昭和19年8月22日死去。69歳。長野県出身。東京専門学校(現早大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の田中穂積の言及

【ワルツ】より

…3拍子系のリズムの伝統が乏しいとされる日本でワルツが急速に受け入れられたことは,1900年代に早くもワルツのリズムによる流行歌が生まれたことに示される。《美しき天然》(田中穂積(1855‐1905)作曲・武島羽衣作詞,1900年ころ),《銀波》(外国曲?,1900年ころ),《ダニューブ河の(さざなみ)》(I.イワノビチの曲に田村貞一が作詞,1902年発表)らがそれで,いずれも感傷的な遅いテンポのワルツである。とりわけ佐世保の海軍軍楽隊長であった田中が作曲した《美しき天然》は,伝統的な旋律構成と西洋的な唱歌形式を合わせたもので,サーカスなどでも使われて日本のワルツの原像をなすものといえるだろう。…

※「田中穂積」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる