コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中阿里子 たなか ありこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中阿里子 たなか-ありこ

1921- 昭和後期-平成時代の小説家。
大正10年7月29日生まれ。邦光史郎(くにみつ-しろう)の妻。昭和18年日本電池の社員としてジャワに赴任し,21年に帰還する。放送作家から小説家に転じ,戦争体験を医師の立場からかいた「鱶(ふか)」で35年婦人公論女流新人賞。京都出身。京都高女卒。本名は文子。作品はほかに「闇の中の対話」「悲歌大伴家持」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田中阿里子の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))帰山教正ヴェナイトドキュメンタリー映画内閣総理大臣安田善次郎フェン岩ダシュティーバンゼギーラーン共和国

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田中阿里子の関連情報