コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田代基徳 たしろ もとのり

2件 の用語解説(田代基徳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田代基徳 たしろ-もとのり

1839-1898 幕末-明治時代の医師。
天保(てんぽう)10年生まれ。大坂で緒方洪庵に師事し,洪庵にしたがって江戸にでて幕府の西洋医学所にはいる。のち陸軍軍医監となり,陸軍軍医学校長などを歴任。この間「文園雑誌」「医事新聞」「陸軍軍医学校業府」などを創刊した。明治31年3月21日死去。60歳。豊前(ぶぜん)中津(大分県)出身。初名は泰二,一徳。号は太楽。著作に「切断要法」「外科手術」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田代基徳

没年:明治31.3.21(1898)
生年:天保10(1839)
幕末明治期の洋方医,医学啓蒙家。本名泰二,のち一徳,また基徳に改める。号は太楽。豊前国中津(大分県)に生まれる。古医方,賀川産科,華岡流外科を学ぶが,時代の流れを察知,緒方洪庵に蘭学を学び,文久3(1863)年師に従い江戸の西洋医学所に移り,慶応3(1867)年塾頭になる。幕府軍医になり『切断要法』(1868)を出版。明治維新後は大学出仕。明治6(1873)年『外科手術』『文園雑誌』を出版。医学会の先駆である医学会社の設立に参加,同10年病体解剖社を創立し病理解剖開業医の手術教育を実施。同11年『医事新聞』創刊。同25年陸軍軍医監となり,陸軍軍医学校長に就任し『陸軍軍医学校業府』を創刊。語学力と素早い情報収集によって先見性と実行力をフルに生かし医学界の向上に寄与した。私立田代病院も経営し,嗣子田代義徳を日本の整形外科学創設者に育てた。<参考文献>蒲原宏『日本整形外科前史』(『整骨・整形外科典籍大系』13巻)

(蒲原宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田代基徳の関連キーワード緒方惟準新宮涼庭箕作麟祥湯本求真入沢恭平尾台榕堂永松東海長谷川弘松山棟庵宮崎柳条

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone