コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田宮猛雄 たみやたけお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田宮猛雄
たみやたけお

[生]1889.1. 大阪
[没]1963.7.11. 東京
医学者。東京帝国大学医科大学卒業後伝染病研究所に入り,恙虫病 (つつがむしびょう) の病原体を研究。 1927年同大学衛生学教授,44年伝染病研究所所長,45年医学部長となり,第2次世界大戦後の医学教育制度の改革に努めた。 48年,新制日本医師会が誕生した機会に会長となり,62年に設立された国立がんセンターの初代総長をつとめた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田宮猛雄 たみや-たけお

1889-1963 大正-昭和時代の公衆衛生学者。
明治22年1月31日生まれ。昭和6年東京帝大教授となり,のち同大伝染病研究所所長。25年日本医師会会長,37年国立がんセンター総長。GHQの医学教育審議会の一員として,インターン制度の創設など医学教育改革にくわわった。昭和38年7月11日死去。74歳。大阪出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田宮猛雄の関連キーワード国立がん研究センター昭和時代武見太郎山本 正田宮信雄大正

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田宮猛雄の関連情報