コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田島善平 たじま ぜんべい

2件 の用語解説(田島善平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田島善平 たじま-ぜんべい

1842-1929 明治-大正時代の政治家,実業家。
天保(てんぽう)13年1月7日生まれ。明治5年島村勧業の創立に参画,蚕種の直輸出につとめる。19年受洗,邸内に教会堂をもうけて布教。また自由党にはいり,群馬県会議員,副議長となり,足尾鉱毒事件,廃娼問題などにとりくんだ。昭和4年4月11日死去。88歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田島善平

没年:昭和4.4.11(1929)
生年:天保13.1.7(1842.2.16)
クリスチャン実業家,政治家。上野国(群馬県)島村に生まれる。明治19(1886)年に実利的開化思想としてキリスト教に入信,自宅を開放して島村教会創立に尽力。他方,蚕卵紙の海外直輸出のためイタリアに赴くなど上州の蚕糸業発展に寄与した。また自由党員として県会議員に当選,副議長となり,足尾鉱毒事件,廃娼運動にも力をつくす。初めは忠実な信仰生活を送ったが,実業家,政治家として活動するにつれ教会のピューリタン的倫理に反し除名されたが,のち悔い改めて復帰した。「田舎紳士」(徳富蘇峰)のひとりであった。<参考文献>『日本基督教団島村教会百年史』

(原誠)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田島善平の関連キーワードグラムクリスチャニアクリスチャンクリスチャンネームアマリエンボー宮殿クリスチャンサイエンスクリスチャンハウンパラレルクリスチャニアクリスチャニア岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone