コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田所輝明 たどころ てるあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田所輝明 たどころ-てるあき

1900-1934 大正-昭和時代前期の社会運動家。
明治33年11月3日生まれ。浅沼稲次郎らと建設者同盟を結成。大正9年日本社会主義同盟の発会式で検挙され早大中退山川均師事。11年共産党にはいり,翌年第1次共産党弾圧事件で入獄。出獄後党の福本イズムに反対し,日本労農党にくわわる。昭和9年11月19日死去。35歳。北海道出身。著作に「社会運動辞典」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の田所輝明の言及

【解放】より

…この《解放》は第2次の巻号を継承しているが,従来のものとは異なり総合雑誌の形をとらず,社会大衆党系の政論雑誌の性格をもっている。執筆者には,主宰者の麻生久のほか,田所輝明,菊川忠雄ら同党系の論者が多い。36年(17巻2号)まで確認されている。…

※「田所輝明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

田所輝明の関連キーワード水曜会(社会主義者グループ)前衛

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android