コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田所輝明 たどころ てるあき

1件 の用語解説(田所輝明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田所輝明 たどころ-てるあき

1900-1934 大正-昭和時代前期の社会運動家。
明治33年11月3日生まれ。浅沼稲次郎らと建設者同盟を結成。大正9年日本社会主義同盟の発会式で検挙され早大を中退。山川均に師事。11年共産党にはいり,翌年第1次共産党弾圧事件で入獄。出獄後党の福本イズムに反対し,日本労農党にくわわる。昭和9年11月19日死去。35歳。北海道出身。著作に「社会運動辞典」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の田所輝明の言及

【解放】より

…この《解放》は第2次の巻号を継承しているが,従来のものとは異なり総合雑誌の形をとらず,社会大衆党系の政論雑誌の性格をもっている。執筆者には,主宰者の麻生久のほか,田所輝明,菊川忠雄ら同党系の論者が多い。36年(17巻2号)まで確認されている。…

※「田所輝明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田所輝明の関連キーワード天田貞吉大原昇黒田越郎小門専治児島矩一白神邦二竹添履信田中譲三浦第二郎武藤虎太

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone