コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田所輝明 たどころ てるあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田所輝明 たどころ-てるあき

1900-1934 大正-昭和時代前期の社会運動家。
明治33年11月3日生まれ。浅沼稲次郎らと建設者同盟を結成。大正9年日本社会主義同盟の発会式で検挙され早大中退山川均師事。11年共産党にはいり,翌年第1次共産党弾圧事件で入獄。出獄後党の福本イズムに反対し,日本労農党にくわわる。昭和9年11月19日死去。35歳。北海道出身。著作に「社会運動辞典」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の田所輝明の言及

【解放】より

…この《解放》は第2次の巻号を継承しているが,従来のものとは異なり総合雑誌の形をとらず,社会大衆党系の政論雑誌の性格をもっている。執筆者には,主宰者の麻生久のほか,田所輝明,菊川忠雄ら同党系の論者が多い。36年(17巻2号)まで確認されている。…

※「田所輝明」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

田所輝明の関連キーワード水曜会(社会主義者グループ)前衛

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android