コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田文鏡 でんぶんきょう Tian Wen-jing; T`ien Wên-ching

1件 の用語解説(田文鏡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田文鏡
でんぶんきょう
Tian Wen-jing; T`ien Wên-ching

[生]康煕3(1664)
[没]雍正10(1732)
中国,清中期の政治家。諡は瑞粛。正黄旗漢軍旗人。康煕 22 (1683) 年福建省長楽県の県丞となり,山西ねり郷知県,直隷易州の知州,吏部員外郎などを経て康煕末には内閣侍読学士となった。雍正1 (1723) 年に陝西の華嶽の告祭を命じられ,途中山西の天災をみて帝に上奏し,その救済に活躍した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田文鏡の関連キーワード階乗郎世寧エヌ康熙・康煕康熙帝・康煕帝康熙綴じ・康煕綴じ没・歿勃・歿・没三角数

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone