コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田畑常秋 たばた つねあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田畑常秋 たばた-つねあき

1828-1877 幕末-明治時代の武士,官吏。
文政11年8月生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。維新後鹿児島県大書記官となる。西南戦争の際,県令大山綱良(つなよし)が逮捕されると県令代理となり,西郷軍に食糧,兵器などを供給。新県令岩村通俊(みちとし)の着任をきき,明治10年4月14日自刃(じじん)した。50歳。通称は平之丞。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

田畑常秋の関連キーワード明治時代官吏