コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田辺藩〈紀伊国〉 たなべはん

藩名・旧国名がわかる事典の解説

たなべはん【田辺藩〈紀伊国〉】

江戸時代紀伊藩の支藩として、紀伊(きい)国牟婁(むろ)郡田辺(現、和歌山県 田辺市)周辺を領有した藩。ただし、公式に田辺藩になったのは、1868年の明治に改元される前の慶応4年1月で、3年後の71年(明治4)には廃藩置県により廃藩となった。藩校は修道館。1619年(元和(げんな)5)に、駿府藩主だった徳川家康(とくがわいえやす)の10男徳川頼宣(よりのぶ)が和歌山に55万5000石で入封(にゅうほう)して親藩(しんぱん)の紀伊藩が成立したとき、付家老(つけがろう)として、新宮(新宮)に配された水野重仲(しげなか)とともに、安藤直次(なおつぐ)が田辺に配され、3万8000石の所領と田辺城を与えられた。以後明治維新まで、安藤氏代々藩主は和歌山に住んで宗家の藩政を助け、田辺には城代がおかれた。1868年(明治1)、明治新政府のはからいで徳川御三家の付家老5氏(水戸藩の中山氏、尾張藩成瀬氏・竹腰(たけのこし)氏、紀伊藩の安藤氏・水野氏)が藩屏(はんぺい)に列せられ、それぞれ独立の藩と認められた。田辺藩は71年の廃藩置県により、田辺県を経て和歌山県に編入された。

出典|講談社藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

田辺藩〈紀伊国〉の関連キーワード田辺(市)安藤直次田辺城付家老

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android