コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀伊藩 きいはん

3件 の用語解説(紀伊藩の意味・用語解説を検索)

藩名・旧国名がわかる事典の解説

きいはん【紀伊藩】

江戸時代紀伊(きい)国名草(なくさ)郡和歌山(現、和歌山県和歌山市)に藩庁をおいた、初め外様(とざま)藩、のち親藩(しんぱん)。親藩以後は、水戸藩尾張藩とともに御三家の一つ。藩校は学習館。1600年(慶長(けいちょう)5)の関ヶ原の戦いのあと、甲斐(かい)国から浅野幸長(よしなが)が入封(にゅうほう)して立藩。19年(元和(げんな)5)に浅野氏が安芸(あき)国広島藩に転封(てんぽう)(国替(くにがえ))、そのあとに駿府藩主だった徳川家康(とくがわいえやす)の10男徳川頼宣(よりのぶ)が55万5000石で入封、親藩の紀伊藩が成立した。江戸中期に藩財政が窮乏するなか、第5代藩主徳川吉宗(よしむね)が登場、倹約を実践して行政を整理する一方、農民や町民に経営の自由を与えて新田開発や起業を進め、藩財政を立て直した。吉宗は第8代将軍となり、その経験を生かして享保の改革を推し進めた。その後、13代藩主の慶福(よしとみ)(家茂(いえもち))が14代将軍となっている。明治初年の藩政改革では、明治政府に先駆けて徴兵制を実施して近代的軍隊を編成するなど先進的な役割をはたした。1871年(明治4)の廃藩置県で和歌山県となったが、紀伊国の東部と伊勢(いせ)国の紀伊藩領は三重県に編入された。◇紀州藩、和歌山藩ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

紀伊藩【きいはん】

和歌山藩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紀伊藩
きいはん

紀州藩、和歌山藩ともいう。紀伊国(和歌山県)一国と伊勢(いせ)国(三重県)の一部を領有した藩。初め外様(とざま)、のち親藩。1600年(慶長5)関ヶ原の戦いの結果、浅野幸長(よしなが)が甲斐(かい)国(山梨県)から入国し、翌年検地を実施し、高野山(こうやさん)領を除いて37万6562石余を打ち出した。以後、1697年(元禄10)、98年に地詰(じづめ)が行われたが、全藩的な検地は実施されなかった。この慶長(けいちょう)検地によって紀伊藩が確立したが、大坂冬の陣、夏の陣で軍事力が手薄になると北山一揆(いっき)などが起きて支配は動揺した。1619年(元和5)に浅野氏が安芸(あき)国(広島県)に転封となると、徳川家康の第10子頼宣(よりのぶ)が駿河(するが)(静岡県)から入り、伊勢・大和(やまと)(奈良県)の各一部をあわせて55万5000石を領有し、御三家の一つとなった。頼宣以後、藩主は、光貞(みつさだ)、綱教(つなのり)、頼職(よりもと)、頼方(よりかた)(吉宗(よしむね))、宗直(むねなお)、宗将(むねのぶ)、重倫(しげみち)、治貞(はるさだ)、治宝(はるとみ)、斉順(なりゆき)、斉彊(なりかつ)、慶福(よしとみ)(家茂(いえもち))、茂承(もちつぐ)と14代続いた。頼宣は入国後、城の普請(ふしん)や城下町の整備拡張をし、牢屋(ろうや)の普請を行ったり、諸国の牢人を多数召し抱え、国中に威圧を加えた。また農村の有力農民を地士(じし)に取り立て、藩側に取り入れたり、今高(いまだか)制を導入するなど、藩政基盤の充実に努めた。紀州藩が広大で、城下町が紀北にあるために、付家老(つけがろう)の安藤直次(なおつぐ)を3万8000石で田辺(たなべ)に、同水野重仲(しげなか)(重央)を3万5000石で新宮(しんぐう)に置いた。これらは支藩的存在であったが、正式にそれぞれが藩となったのは1868年(慶応4)であった。
 5代頼方は2代光貞の四男であったが、長男は夭折(ようせつ)、藩主となった二男・三男も相次いで死んだため、1705年(宝永2)藩主となり、藩財政の立て直しに成功し、16年(享保1)に徳川8代将軍吉宗となり享保(きょうほう)の改革を実施した。13代慶福も、徳川宗家を継いで14代将軍家茂となる。特産物は紀州ミカン、湯浅醤油(しょうゆ)、黒江漆器、備長炭(びんちょうたん)などである。1869年(明治2)津田出(いずる)による藩政改革では、明治政府に先駆けて徴兵制を敷き、ヨーロッパ式の兵制改革とそれに伴う皮革産業、綿ネルなどの産業が発達するようになった。1871年7月、紀伊・田辺・新宮各藩はそれぞれ県となり、11月、田辺・新宮両県が和歌山県に統合された。[安藤精一]
『安藤精一著『和歌山県の歴史』(1970・山川出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

紀伊藩の関連キーワード名草逸峰紀伊紀伊家名草紀伊大島板坂卜斎(2代)木村晴孝祐国静古堂典海

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

紀伊藩の関連情報