コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生活の探求 せいかつのたんきゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生活の探求
せいかつのたんきゅう

島木健作長編小説。2巻。正編 1937年,続編 38年発表。病のため帰郷した学生杉野は,農村の生産生活に触れて,いままでの都会生活に疑念をいだきはじめ,タバコ栽培の仕事に入っていく。そして,官庁との折衝や生産条件の改善などに成功し,次第に農民の指導者的な役割を果すことになる。左翼運動が弾圧によって挫折して以後,思想の残り火を生活にどう再生するかという問題にかかわる一種の転向文学として当時の青年層に広く読まれた作者の代表作。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せいかつのたんきゅう〔セイクワツのタンキウ〕【生活の探求】

島木健作の長編小説。昭和12年(1937)に正編、翌年続編を刊行。苦学して東京の大学に進学した主人公の帰農を主題とし、ベストセラーとなる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいかつのたんきゅう【生活の探求】

長編小説。島木健作作。1937年(昭和12)、38年刊。観念的知識でなく生産に生きる道を選択した青年が、農村社会に根付いていく姿を描く。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生活の探求
せいかつのたんきゅう

島木健作の長編小説。正編は1937年(昭和12)、続編は翌年、河出書房刊。病気のため東京の学生生活から故郷に帰った杉野駿介(しゅんすけ)は、回復後も直接生産に生きる新しい生活にとどまり、村人たちとの溝を埋めながらタバコ栽培の増段運動にも成功する(正編)。初め駿介を敬遠していた村人たちもしだいに周辺に集まるようになる。共働者であった父の死にあい、己の「根本的なプログラム」をたてるために上京するが、やはり都会の空気に失望し、ふたたび帰って村の生活に定着する(続編)。主人公は社会主義者であったことはなく、したがって転向問題を正面から取り上げた作品ではないが、帰農による労働生活への求道的な志向には、前作『再建』発禁後の作者の再起の位相が示されるとともに、日中戦争開始後の青年、知識人に広く迎えられた。[高橋春雄]
『『日本文学全集45 武田麟太郎・島木健作集』(1974・集英社) ▽『島木健作全集5・6』(1976・国書刊行会) ▽『島木健作』(『中村光夫作家論集3』所収・1968・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

生活の探求の関連キーワード島木 健作沙和 宋一農民文学農村社会肥取り手療治長まるしたが沖する西尾実持扱う遺失鼕鼕亭亭水引発起苛虐折ぎ始末剔抉

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生活の探求の関連情報