コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲科 コウカ

デジタル大辞泉の解説

こう‐か〔カフクワ〕【甲科】

科挙の制度で、試験問題の最も難しい科。代には進士の試験を称した。甲第

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうか【甲科】

( 名 ) スル
唐代、科挙のうち最も難しい科目。明経に甲乙丙丁の四科、進士に甲乙の二科があった。宋代では、進士の試験を甲科、挙人の試験を乙科といった。
科挙に最優秀で及第すること。甲第。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

甲科の関連キーワード10式戦車田辺太一永井尚志甲乙丙丁姜邯瓚王欽若兵科挙人明経

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android