コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲賀組 コウガグミ

デジタル大辞泉の解説

こうが‐ぐみ〔かふが‐〕【甲賀組】

江戸幕府の鉄砲百人組4隊のうち、甲賀者で組織した組。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうがぐみ【甲賀組】

甲賀者で編制された鉄砲同心などの組。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の甲賀組の言及

【甲賀者】より

…しかし,1600年(慶長5)の関ヶ原の戦で家康の部将鳥居元忠指揮下にあって伏見城を死守したものの子孫は,与力(10騎),同心(100人)として召し出されて山岡備前守景友(道阿弥)に配属され,景友の知行9000石のうち4000石がその給分にあてられた。これはのちに百人組(鉄砲百人組)4組のうちの甲賀組となった。ちなみに,甲賀組は頭1人(役高3000石,布衣,菊之間縁頰詰,若年寄支配)のもとに与力20騎(役高現米80石,御目見以下,役上下,譜代席),同心100人(役高30俵二人扶持,御目見以下,譜代席)があり,平素は他の3組(根来組,伊賀組,二十五騎組)と交替で江戸城大手三の門を警衛した。…

【根来組】より

…江戸幕府の鉄砲隊,百人組の一つ。百人組には根来組をはじめ甲賀組,伊賀組,二十五騎組の4組があり,各組に頭1人(若年寄支配,役高3000石,布衣,菊之間南敷居外詰),与力20騎,ただし二十五騎組は25騎(役高現米80石,御目見以下,役上下,根来・甲賀両組は譜代席,伊賀・二十五騎両組は抱席),同心100人(役高30俵二人扶持,根来組は30俵三人扶持,御目見以下,根来・甲賀両組は譜代席,伊賀・二十五騎両組は抱席)があった。ちなみに,百人組の名称は同心の数に由来する。…

※「甲賀組」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

甲賀組の関連情報