コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

申師任堂 しんしにんどうSin Saimdang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

申師任堂
しんしにんどう
Sin Saimdang

[生]中宗6(1512)
[没]明宗14(1559)
朝鮮,李朝時代前期の女性画家。号は師任堂,恩任堂。師任堂申夫人ともいわれる。有名な儒学者李栗谷生母で,当時は数少ない女性知識人。幼少より山水画家安堅の絵をまねて画業を積んだといわれる。遺品には濃彩の草虫図が多く,草虫図の名手として名高い。『花卉草虫図』 (李璋喜氏) などが伝わる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

申師任堂の関連キーワード10月29日朝鮮絵画李珥明宗

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android