男のつわり(読み)おとこのつわり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「男のつわり」の解説

男のつわり
おとこのつわり

妻のつわりのときに,がつわりのような状態になることをいう。東北地方ではこれを男のクセヤミとかアイクミなどといい,長野県下伊那地方ではトモヤミ,奈良県高市郡ではアイボノツワリという。「病んで助けられるのはくせやみばかり」というもあるように,妻が妊娠すると夫がつわりの兆候を呈して弱り,妻はそのためにつわりが軽くすむと信じられている。夫のつわりに似た例は世界的にみられる。バスク人やピレネー山中の住民の間には,妻が妊娠すると男が産褥につくまねをする習俗があり,これを擬娩という。この習俗は中世までヨーロッパの各地でみられ,またそのほかの地域にも擬娩を行う民族があった。これと日本の男のつわりとが関係あるかかは明らかではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「男のつわり」の解説

男のつわり【おとこのつわり】

妻の妊娠に伴い夫の健康に異常を呈する現象をかいたり,吐き気を催す。秋田県ではくせやみ,奈良県ではあいぼのつわり(夫婦のつわり)などという。未開社会クーバード(擬娩)との関係は不明。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android