コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

擬娩 ぎべん couvade

翻訳|couvade

5件 の用語解説(擬娩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

擬娩
ぎべん
couvade

男子産褥ともいう。妻の出産に際し,妻の産褥時にとる行動と同様のことを夫がまねる習俗。フランス語 couver (孵化する) に由来する語で,元来 E.タイラーが 1865年に著書で用いた。南アジアインドネシアメラネシアインド北アメリカの平原地帯,南アメリカなどの民族の間に行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぎ‐べん【擬×娩】

クーバード

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

擬娩【ぎべん】

未開社会の一部にみられる出産時の習俗。クーバードcouvadeという。E.B.タイラーが命名した。妻の出産時に夫が妻に代わって床に入り,ある種の食物を差し控えるなど,産褥(さんじょく)にある女性のような行動をする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぎべん【擬娩 couvade】

妻の出産の前後に夫が妻同様,あるいはより誇張された形で妻の出産の模倣をする習慣。クーバードともいう。単に床につき外出しないだけの場合もあれば,妊産婦と同様なタブーを守り,陣痛から胎児の出産のまねまでする場合もある。周囲の人びとも,産見舞にかけつけたり,助産婦が世話をしたり大騒ぎを演じる。その一方では妻はひっそりと出産をし,すぐ労働に就くことが多い。カリブ海の島々やアマゾン川流域の諸部族で見られる典型的な擬娩のほかに,日本でも妻の出産中に重い物(石臼など)をあちこち持ち運んだり,妻の妊娠中,妻の代りに〈つわり〉になるなどの風習は一種の擬娩と考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぎべん【擬娩】

妻の出産時、夫が禁忌を妻とともに守ったり、分娩の苦しみを象徴的に演じたりすること。北米・中南米・オセアニア・インドなどで行われる。クーバード。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

擬娩の関連キーワード妻問婚鬼嫁高年齢出産前後に暮れる夫権前後ろ死は或いは泰山より重く或いは鴻毛より軽し入夫婚姻婿入りヘッケルの法則(産科学)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone