町野(読み)まちの

日本大百科全書(ニッポニカ)「町野」の解説

町野
まちの

石川県北部、輪島市(わじまし)の一地区。旧町野町。『和名抄(わみょうしょう)』の待野郷、中世の町野荘(しょう)の地。流人平氏の後裔(こうえい)下時国(しもときくに)家と上時国家の住宅(ともに国の重要文化財)があり、日本海沿いの曽々木(そそぎ)海岸は国指定名勝・天然記念物。

[編集部]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「町野」の解説

町野
まちの

石川県,能登半島北岸にある輪島市東部の地区。町野川に沿い水田が開ける。江戸時代の豪農屋敷である時国 (ときくに) 家は重要文化財。外浦曾々木海岸は名勝,天然記念物に指定されており,能登観光の一拠点になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android