コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外浦 そとうら

1件 の用語解説(外浦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外浦
そとうら

石川県北部,能登半島の北・西岸,日本海に面する海岸の総称。半島最先端部の珠洲岬内浦と境される。内浦とは対照的に,全般に岩石海岸が多く,勇壮な景観に富む。曾々木海岸猿山岬能登金剛などは代表的景勝地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の外浦の言及

【南郷[町]】より

…南郷川,潟上川流域に耕地があり,米作,果樹や野菜の栽培,養豚,養鶏が行われる。漁業は外浦(とのうら),目井津(めいつ)の両港を基地として沖合・遠洋漁業が行われ,カツオ,マグロなど,県下有数の水揚げがある。外浦は古くは対外貿易の寄航地であった。…

※「外浦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

外浦の関連情報