コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画家ノルテン がかノルテンMaler Nolten

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

画家ノルテン
がかノルテン
Maler Nolten

ドイツの詩人 E.F.メーリケの小説。 1832年刊。若い有能な画家ノルテンの魂の成長を,清純なアグネス,伯爵の妹コンスタンツェとの恋愛の葛藤を中心に,彼に好意的な友人ラルケンスをからませながら描いたロマン主義的な要素の濃い作品。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

がかノルテン〔グワカ‐〕【画家ノルテン】

《原題、〈ドイツ〉Maler Noltenメーリケの小説。1832年刊。全2巻。若く才能のある画家ノルテンを主人公に教養小説的な形式をとるが、結末は悲劇となる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android