コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画家ノルテン がかノルテン Maler Nolten

2件 の用語解説(画家ノルテンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

画家ノルテン
がかノルテン
Maler Nolten

ドイツの詩人 E.F.メーリケの小説。 1832年刊。若い有能な画家ノルテンの魂の成長を,清純なアグネス,伯爵の妹コンスタンツェとの恋愛の葛藤を中心に,彼に好意的な友人ラルケンスをからませながら描いたロマン主義的な要素の濃い作品。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

がかノルテン〔グワカ‐〕【画家ノルテン】

《原題、〈ドイツMaler Noltenメーリケの小説。1832年刊。全2巻。若く才能のある画家ノルテンを主人公教養小説的な形式をとるが、結末は悲劇となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

画家ノルテンの関連キーワードクラブント西ドイツメーリケ統一ドイツVWフーズム北の詩人ドイツの小さな町三つの眼ハインリヒ[フェルデケの]

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone