コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畑井新喜司 はたい しんきし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畑井新喜司 はたい-しんきし

1876-1963 明治-昭和時代の動物生理学者。
明治9年3月2日生まれ。畑井小虎の父。明治32年渡米してシカゴ大でまなび,ペンシルベニア大教授。大正10年帰国し,東北帝大教授となり生物学教室,浅虫臨海実験所を創設。シロネズミに関する研究で14年学士院賞。のち東京家政大学長。昭和38年4月19日死去。87歳。青森県出身。東北学院卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

畑井新喜司
はたいしんきし
(1876―1963)

動物生理学者。青森県生まれ。東北学院理学科卒業後、五島清太郎(ごとうせいたろう)教授の助手となり、貧毛類の研究に入ったが、23歳で渡米。シカゴ大学大学院を経て特待生となり、動物学・神経生理学を専攻し博士号を受け、比較神経学という当時最先端の講座を分担した。ついでペンシルベニア大学付属ウィスター研究所講師に招かれ、準教授、教授へ昇進。1919年(大正8)東北帝国大学理学部に動物・植物両学科増設が決した際、主任教授の交渉を文部省より受け、2年後に帰国し、日本初の生物学教室の創設にあたった。他大学に先んじて動物生理学・比較生理学の講座を開設して第1講座を担当した。1925年「シロネズミの神経生理学的研究」で学士院賞受賞。カキ、ミミズを対象に多くの動物生理学者を育成、地震ナマズの研究も残した。パラオに熱帯生物研究所を設立し、オーストリアの植物学者H・モーリッシュ、アメリカの動物学者チャイルドCharles Manning Child(1869―1954)ら外国の学者を教室に講師として招いた。古生物学者の畑井小虎(ことら)は次男。[永野為武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

畑井新喜司の関連キーワードハッタミミズ昭和時代