コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畑井新喜司 はたい しんきし

2件 の用語解説(畑井新喜司の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畑井新喜司 はたい-しんきし

1876-1963 明治-昭和時代の動物生理学者。
明治9年3月2日生まれ。畑井小虎の父。明治32年渡米してシカゴ大でまなび,ペンシルベニア大教授。大正10年帰国し,東北帝大教授となり生物学教室,浅虫臨海実験所を創設。シロネズミに関する研究で14年学士院賞。のち東京家政大学長。昭和38年4月19日死去。87歳。青森県出身。東北学院卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

畑井新喜司
はたいしんきし
(1876―1963)

動物生理学者。青森県生まれ。東北学院理学科卒業後、五島清太郎(ごとうせいたろう)教授の助手となり、貧毛類の研究に入ったが、23歳で渡米。シカゴ大学大学院を経て特待生となり、動物学・神経生理学を専攻し博士号を受け、比較神経学という当時最先端の講座を分担した。ついでペンシルベニア大学付属ウィスター研究所講師に招かれ、準教授、教授へ昇進。1919年(大正8)東北帝国大学理学部に動物・植物両学科増設が決した際、主任教授の交渉を文部省より受け、2年後に帰国し、日本初の生物学教室の創設にあたった。他大学に先んじて動物生理学・比較生理学の講座を開設して第1講座を担当した。1925年「シロネズミの神経生理学的研究」で学士院賞受賞。カキ、ミミズを対象に多くの動物生理学者を育成、地震ナマズの研究も残した。パラオに熱帯生物研究所を設立し、オーストリアの植物学者H・モーリッシュ、アメリカの動物学者チャイルドCharles Manning Child(1869―1954)ら外国の学者を教室に講師として招いた。古生物学者の畑井小虎(ことら)は次男。[永野為武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

畑井新喜司の関連キーワード会田竜雄飯塚啓内田亨大島広久保伊津男合田得輔滝庸寺尾新野村七録元村勲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone