コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畑井蟠竜 はたい ばんりゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畑井蟠竜 はたい-ばんりゅう

1799-1850 江戸時代後期の儒者。
寛政11年6月生まれ。生地陸奥(むつ)小湊(こみなと)(青森県)の近くの野辺地(のへじ)村の野村済民(せいみん)にまなび,帰郷して私塾をひらく。天保(てんぽう)3年(1832)陸奥黒石藩経学教授所の教授。のち代官,用人をつとめた。江戸で佐藤一斎にまなんだ。嘉永(かえい)3年1月11日死去。52歳。名は常武(つねたけ)。字(あざな)は子雄。通称は多仲。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

畑井蟠竜の関連キーワード畑井多仲

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android