畑銀鶏(読み)はた ぎんけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畑銀鶏 はた-ぎんけい

1790-1870 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
寛政2年生まれ。畑金鶏の子。上野(こうずけ)(群馬県)七日市藩医。天保(てんぽう)5年から1年間大坂に滞在して滑稽(こっけい)本風の風俗書「街能噂(ちまたのうわさ)」,人情本「浪花夢(なにわのゆめ)」などを刊行した。明治3年3月23日死去。81歳。名は時倚(ときより)。字(あざな)は毛義。通称は数馬別号に平亭(へいてい)銀鶏

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android