コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畑金鶏 はた きんけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畑金鶏 はた-きんけい

1767-1809 江戸時代中期-後期の医師,狂歌師。
明和4年生まれ。畑銀鶏の父。上野(こうずけ)(群馬県)七日市藩医。狂歌を唐衣橘洲(からころも-きっしゅう)にまなぶ。36歳で職を辞して諸国をめぐり,江戸にすんで狂歌などの文芸に専心。文化6年1月21日死去。43歳。名は秀竜。字(あざな)は道雲(どううん)。狂号は奇々羅(ききら)金鶏など。著作に「金鶏医談」「燭夜(くだかけ)文庫」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

畑金鶏の関連キーワード奇々羅金鶏畑道雲狂歌師