畔上 輝井(読み)アゼガミ テルイ

20世紀日本人名事典の解説

畔上 輝井
アゼガミ テルイ

昭和期の料亭主 般若苑社長。



生年
明治29(1896)年11月10日

没年
平成1(1989)年1月19日

出生地
長野県中野市

学歴〔年〕
長野師範卒

主な受賞名〔年〕
紺綬褒章〔昭和25年 40年〕,中野市名誉市民

経歴
教員ののち三河屋を創業。昭和21年より料亭桂を経営。23年料亭般若苑を設立、社長となる。28年有田八郎元外相と結婚。社会党から東京都知事選出馬前後の6年間、物心両面の援助で有田を支えた。三島由紀夫のモデル小説「宴のあと」で36年に有田はプライバシー侵害訴訟を起こし、39年東京地裁で勝訴した。離婚後も有田への愛情は変わらず、有田が40年に80歳で死去した時は、最期をみとった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android