留守を預かる(読み)るすをあずかる

精選版 日本国語大辞典「留守を預かる」の解説

るす【留守】 を 預(あず)かる

主人や家人が不在の間、依頼を受けてその家の事をする。留守番の役目を負う。
※虎寛本狂言・胸突(室町末‐近世初)「隣の者で御座るが、留守を預っておりまする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「留守を預かる」の解説

留守(るす)を預(あず)か・る

主人や家族が不在の間、留守番の責任を負う。「実家の―・る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android