近江大津宮(読み)オウミノオオツノミヤ

世界大百科事典 第2版の解説

おうみおおつのみや【近江大津宮】

667年,中大兄皇子によって飛鳥から近江に遷都された都。中大兄皇子はここで天智天皇として即位し,近江令の制定や庚午年籍(こうごねんじやく)の作成など大化改新以来進めてきた天皇を中心とした律令制国家の確立に努めた。また,この宮では唐・新羅によって滅ぼされた百済の遺臣たちが重用され,彼らによってもたらされた唐文化が隆盛した。しかし,671年,天智天皇がこの宮で没すると皇位継承をめぐり翌年壬申の乱が勃発し近江軍は敗れ,勝利した大海人皇子は再び飛鳥に遷都したため大津宮は急速に廃都と化した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近江大津宮
おうみおおつのみや

天智(てんじ)天皇の宮室。近江宮、大津宮、さらに近江京ともよぶ。ただし京域を設定したか未詳。天智天皇は即位前年の667年(天智天皇6)3月に遷都したが、671年崩御、翌年の壬申(じんしん)の乱で近江朝が敗北したためこの都は廃絶した。飛鳥(あすか)を離れて琵琶湖畔に退いたのは、百済(くだら)の役における白村江の敗戦に伴う国防上の理由からであろう。『日本書紀』から、宮内に内裏(だいり)、大殿、西小殿、仏殿、宮門などの建物のあったことが知られる。漏剋(ろうこく)(水時計)を新台に設置し、また天智天皇の死の直前、西殿の仏像前で大友皇子が群臣と同心の誓盟を交わしたという宮跡は、従来、大津市粟津(あわづ)、南滋賀、錦織(にしこおり)などの地に推定されてきたが、1974年(昭和49)以後の発掘調査で、錦織地区で宮の遺構の一部が発見された。[八木 充]
『八木充著『古代日本の都』(講談社現代新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の近江大津宮の言及

【近江国】より

…藤原氏がいち早く国守と按察使(あぜち)の両ポストを利用して近江国を掌握したのもそのためである。667年中大兄皇子(天智天皇)は,朝鮮半島の白村江(はくそんこう)の敗戦による危機意識から近江大津宮への遷都を強行した。この宮の所在地は長く不明であったが,大津市錦織が有力視されている。…

※「近江大津宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

近江大津宮の関連情報