コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

留守政景 るす まさかげ

2件 の用語解説(留守政景の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

留守政景 るす-まさかげ

1549-1607 織豊-江戸時代前期の武将。
天文(てんぶん)18年生まれ。伊達晴宗の3男。永禄(えいろく)10年留守家をつぎ,陸奥(むつ)宮城郡高森城主。生家伊達家の勢力拡大に協力し,のち一門となる。慶長5年甥(おい)伊達政宗の名代として最上(もがみ)氏の救援にむかい,功があった。慶長12年2月3日死去。59歳。号は雪斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

留守政景

没年:慶長12.2.3(1607.2.28)
生年:天文18(1549)
戦国末期の武将。伊達晴宗の3男。永禄10(1567)年宮城郡領主留守家に入嗣。留守領内の反伊達派勢力を一掃し,さらに周辺の諸領主を服属させて,伊達氏領国の拡大に活躍した。天正13(1585)年伊達政宗が佐竹,芦名,岩城などの連合軍と戦った仙道人取橋の戦における奮戦は有名。18年,秀吉の奥州仕置後磐井郡黄海に移され,文禄1(1592)年朝鮮の役に従軍,慶長5(1600)年,上杉氏との戦では政宗の名代として最上に出陣し大勝した。9年,磐井郡一関に移され,ここで死んだ。<参考文献>佐々木慶市「中世の留守氏」(『水沢市史』2巻)

(佐々木慶市)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

留守政景の関連キーワード岡田幸樹藤田清二細川智三日和佐裕子竹内清人久保和明ケットの乱留守政景興国寺城跡医学天正記

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone