コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達晴宗 だてはるむね

4件 の用語解説(伊達晴宗の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

伊達晴宗【だてはるむね】

戦国期の武将。陸奥梁川(やながわ)城主伊達稙宗(たねむね)の子。1542年弟実元の越後上杉氏への入嗣に反対して父と争い,奥州諸家を巻き込む争乱となった。乱後,出羽米沢に本拠を移し権力の強化を図った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達晴宗 だて-はるむね

1519-1578* 戦国時代の武将。
永正(えいしょう)16年生まれ。伊達稙宗(たねむね)の長男。弟実元の越後(えちご)守護上杉家への入嗣に反対して父とあらそい,洞(うつろ)の乱をひきおこす。のち居城を出羽(でわ)米沢にうつし,奥州探題となった。天文(てんぶん)22年以来権力の集中・強化につとめたが,子の輝宗と対立し,永禄(えいろく)7年ごろ隠居した。天正(てんしょう)5年12月5日死去。59歳。陸奥(むつ)伊達郡(福島県)出身。初名は次郎。号は道祐。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伊達晴宗

没年:天正5(1577)
生年:永正16(1519)
戦国時代の武将。稙宗の子,母は蘆名盛高の娘,幼名称次郎。従四位下足利義晴から諱の1字をもらい晴宗と名乗る。天文11(1542)年弟実元の越後上杉氏への入嗣に反対し,父稙宗と17年まで兵戈を交えた(天文の乱)。乱後,米沢城に移り,左京大夫,奥州探題に補任され,室町幕府から大名のひとりに認められた。22年『伊達晴宗采地下賜録』を作成して家臣に対する知行判物を再交付し,さらに懸田氏を滅ぼして,家臣団統制,領内支配を強化した。また子どもらを佐竹,岩城,蘆名,留守諸氏に入嗣,入嫁させ勢力を拡大。しかし,永禄7(1564)年ごろまでには杉目城(福島市杉妻町)に隠居。墓は福島氏宝積寺

(伊藤清郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だてはるむね【伊達晴宗】

1519‐77(永正16‐天正5)
戦国大名。出羽国米沢城主。伊達稙宗(たねむね)の子。母は蘆名盛高の娘。弟実元の越後上杉氏入嗣問題を契機に父と争い(伊達氏天文の乱),乱後居城を米沢に移した。1553年(天文22)家臣に改めて知行判物(ちぎようはんもつ)を一斉に交付し,権力の集中強化を図った。55年(弘治1)左京大夫,のち奥州探題に任ぜられた。子息輝宗とも不和となったが,のち和解し,1564‐65年(永禄7‐8)ころ杉目(福島市)に隠退した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊達晴宗の関連キーワード蘆名盛員蘆名盛舜蘆名盛滋蘆名盛高蘆名盛隆蘆名盛久蘆名盛政相馬顕胤田村清顕二階堂盛義

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone