畜生道(読み)チクショウドウ

大辞林 第三版の解説

ちくしょうどう【畜生道】

〘仏〙 六道・三悪道・十界の一。畜生の世界。悪行の結果、死後生まれ変わる畜生の世界。畜生趣。
人間として許し難い行為や生き方。 「 -に堕ちる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちくしょう‐どう チクシャウダウ【畜生道】

〘名〙
① 仏語。六道の一つ。悪業の報いによって導かれた畜生の世界、またはその生存の状態。畜生。畜生界。畜趣。
※往生要集(984‐985)大文一「第三明畜生道者、其住処有二。根本住大海、支末雑人夫
※談義本・根無草(1763‐69)前「我は又はかなくも畜生道(チクセウだう)に落行ば」
② 道徳上許しがたい色情の世界。すなわち、肉親の間での性関係。また、男色を売る境涯。
※浄瑠璃・津国女夫池(1721)三「ちく生道に落しとて、私がとがでもなく、尤おまへのとがでもなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の畜生道の言及

【六道】より

…業によって趣き住む所なのでこれを六趣(ろくしゆ)ともいうが,六道は悪趣ともいって苦の世界である。すなわち天道,人(にん)(間)道,修羅道,畜生道,餓鬼道,地獄道をいい,このうちとくに畜生道,餓鬼道,地獄道を三悪趣(さんなくしゆ)(三悪道)という。天道は天人の世界で人間の世界の人道より楽多く苦の少ない世界であるが,天人にも死苦があり,死に先立って五衰をあらわす。…

※「畜生道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

畜生道の関連情報