コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畜生道 チクショウドウ

デジタル大辞泉の解説

ちくしょう‐どう〔チクシヤウダウ〕【畜生道】

仏教で、六道の一。悪業報いによって死後に生まれ変わる畜生の世界。
道徳上、許すことのできない肉親間の色情

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちくしょうどう【畜生道】

〘仏〙 六道・三悪道・十界の一。畜生の世界。悪行の結果、死後生まれ変わる畜生の世界。畜生趣。
人間として許し難い行為や生き方。 「 -に堕ちる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の畜生道の言及

【六道】より

…業によって趣き住む所なのでこれを六趣(ろくしゆ)ともいうが,六道は悪趣ともいって苦の世界である。すなわち天道,人(にん)(間)道,修羅道,畜生道,餓鬼道,地獄道をいい,このうちとくに畜生道,餓鬼道,地獄道を三悪趣(さんなくしゆ)(三悪道)という。天道は天人の世界で人間の世界の人道より楽多く苦の少ない世界であるが,天人にも死苦があり,死に先立って五衰をあらわす。…

※「畜生道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

畜生道の関連キーワード六地蔵(仏教)三人吉三廓初買浮世柄比翼稲妻名数小辞典聖衆来迎寺桐生 悠々馬頭観音鼠の草子平出 修三つの道六道銭五道神六地蔵三悪道生き方六観音仏教三途三熱血途

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

畜生道の関連情報