コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畠山義信 はたけやま よしのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畠山義信 はたけやま-よしのぶ

1841-1894 明治時代の織物技術開発者。
天保(てんぽう)12年生まれ。もと紀伊(きい)和歌山藩士。明治3年紀州特産の紋羽織を改良して軍服地用の紀州綿ネルの試作に成功。廃藩後は織物専業となり,5年縞(しま)ネルを考案,販売した。なお紀州綿ネル創製者については諸説がある。明治27年死去。54歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

畠山義信

没年:明治27(1894)
生年:天保12(1841)
明治期の紀州綿ネルの創製者。通称三左衛門。紀州(和歌山)藩戍兵大隊に所属していた明治3(1870)年,小倉織に毛掻き(起毛)して兵士の被服,肌着用織物を試作した。同5年,和洋糸混織で起毛した輸入フランネル様の縞ネルを製造し,大阪順慶町の岩崎九兵衛に販売させた。以後各鎮台に採用され,平松芳次郎による染色改良などにより,紀州綿ネルは特産品に成長していった。同18年繭糸織物陶漆器共進会において,功労賞50円を授与されたが,紀州綿ネル創製者については異説もある。<参考文献>安藤精一「創成期の和歌山綿ネル業」(『経済理論』117号)

(高村直助)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

畠山義信の関連キーワード日清戦争史(年表)[各個指定]工芸技術部門日清戦争天保の改革サージェントドボルザーク(Antonín Dvořák)オットー ワーグナーリーケの原理日清戦争国際オリンピック委員会

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android