畠山義隆(読み)はたけやま よしたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畠山義隆 はたけやま-よしたか

?-1576 戦国-織豊時代の武将。
永禄(えいろく)9年(1566)父義綱が家臣に追放され,兄義慶(よしのり)が能登(のと)(石川県)七尾城主になると,二本松伊賀守(いがのかみ)と称して兄を補佐する。天正(てんしょう)2年兄が暗殺されるとその跡をつぐが,天正4年2月4日病死。事績に不明な点がおおく,兄義慶と同一人物とする説もある。5年七尾城は上杉謙信の手におち,能登畠山氏は滅亡した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android