文鳥(読み)ブンチョウ

  • ぶんちょう ‥テウ
  • ぶんちょう〔テウ〕
  • 文鳥 (ブンチョウ)
  • 文鳥 ぶんちょう

大辞林 第三版の解説

スズメ目カエデチョウ科の小鳥。全長約13センチメートル。野生種は頭は黒、頰ほおは白、くちばしは紅色、他の部分は灰色。東南アジアに広く分布。飼いやすく、人によくなれる。ハクブンチョウ・サクラブンチョウなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 カエデチョウ科の小鳥。全長約一四センチメートルで、スズメ大。背面は青灰色で頭と尾は黒く、頬に大きな白斑があり、腹面は淡褐色。くちばしが太くて短く、あしとともに淡紅色を呈する。ジャワ島とバリ島などに分布し、インド・アフリカなどにも移殖されて野生する。原地ではイネの害鳥として知られる。日本ではハクブンチョウ・サクラブンチョウの品種がつくられ、飼い鳥とされる。〔本朝食鑑(1697)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文鳥の関連情報