文鳥(読み)ぶんちょう

精選版 日本国語大辞典「文鳥」の解説

ぶん‐ちょう ‥テウ【文鳥】

〘名〙 カエデチョウ科の小全長約一四センチメートルで、スズメ大。背面は青灰色で頭とは黒く、頬に大きな白斑があり、腹面は淡褐色。くちばしが太くて短く、あしとともに淡紅色を呈する。ジャワ島とバリ島などに分布し、インド・アフリカなどにも移殖されて野生する。原地ではイネの害鳥として知られる。日本ではハクブンチョウ・サクラブンチョウの品種がつくられ、飼い鳥とされる。〔本朝食鑑(1697)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「文鳥」の解説

ぶん‐ちょう〔‐テウ〕【文鳥】

カエデチョウ科の鳥。全長約15センチ。体は灰色で、頭や尾が黒、ほおが白、くちばしは太く赤い。飼い鳥とされ、全身純白のものもある。ジャワおよびバリ島の原産

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「文鳥」の解説

文鳥 (ブンチョウ)

学名Padda oryzivora
動物。カエデチョウ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android