番立(読み)バンダチ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 江戸時代の歌舞伎劇場で、舞台を清め、大入を祈願して序幕の前に下級の若い役者が三番叟(さんばそう)を舞ったこと。また、その囃子。
※絵本戯場年中鑑(1803)下「毎朝あさの太鼓を打と表の木戸にて声をあぐる。是より番だちとてわかいしゅ三番叟ばかりをつとむる。続て脇狂言をはじむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の番立の言及

【三番叟物】より

…翁を太夫元,千歳(せんざい)を若太夫,三番叟を座頭役者が勤めるもので,天下太平,五穀豊穣(ほうじよう),芝居繁盛を祈願する心であった。毎日儀式を行うわけにはいかないところから,下級俳優による略式の《三番叟》がつくられ,これを〈番立(ばんだち)〉といった。明治中期までは小劇場で開演前に演じられ,今日は地方の地芝居にその習慣が残っている。…

※「番立」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android