コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疎疎しい ウトウトシイ

デジタル大辞泉の解説

うとうと‐し・い【疎疎しい】

[形][文]うとうと・し[シク]親しみや関心をもっていない。よそよそしい。
「何時しか隣家の娘とは―・くなッた」〈二葉亭浮雲
[派生]うとうとしさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うとうとしい【疎疎しい】

( 形 ) [文] シク うとうと・し
いかにもよそよそしい。 「自然相思ふの情も薄らぎ、其交情-・しく成行く事あり/当世書生気質 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

疎疎しいの関連キーワード当世書生気質シク

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android