コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疣草 イボクサ

デジタル大辞泉の解説

いぼ‐くさ【×疣草】

ツユクサ科の一年草。水田や沼沢に生え、高さ約60センチ。全体に紅紫色を帯びる。葉は互生し、基部は茎を包む。夏から秋、薄紅色がかった白い花が開き、1日でしぼむ。俗に、この汁をつけるといぼが取れるといわれた。いぼとりぐさ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いぼくさ【疣草】

ツユクサ科の一年草。水田や湿地に生える。茎の基部は地をはい、節からひげ根を出す。葉は狭披針形。夏、淡紅色の三弁花を茎頂に開く。イボトリグサ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

疣草 (イボクサ)

学名:Aneilema keisak
植物。ツユクサ科の一年草

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

疣草の関連キーワード披針形ひげ根

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android