コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

病院管理学 びょういんかんりがく

1件 の用語解説(病院管理学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

病院管理学
びょういんかんりがく

よりよい病院を実現するための学問。医学の著しい進歩に伴って,病院管理についても従来の伝統的,経験的な方法だけでなく,合理的に分析研究する必要性が生じてきた。病院管理学は,ヒューマニズムに立脚すべきであること,24時間勤務に等しいことなど,医療が本来もつ特殊性を念頭において,医師,看護師その他のスタッフの人事,能率の調整をはかり,医療従事者の任務と教育,患者との関係,病院の法的機能,病院施設の設立や設計,社会保険社会保障などについて研究することをおもな内容とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

病院管理学の関連キーワード推論エンジンハードウェア法医学規範学薬より養生方途プログラム法個人保障コスト・リーダシップ戦略東京都の病院再編

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

病院管理学の関連情報