コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

症候性(続発性)血小板減少性紫斑病 しょうこうせいぞくはつせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう

1件 の用語解説(症候性(続発性)血小板減少性紫斑病の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しょうこうせいぞくはつせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう【症候性(続発性)血小板減少性紫斑病】

 なんらかの病気が原因となって、血小板の減少がおこった血小板減少性紫斑病です。
 比較的よくみられる原因疾患として、白血病(はっけつびょう)、再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ)、全身性エリテマトーデスなどがあります。
 原因となる病気の治療が第一ですが、血小板数の減少が著しいときは、ステロイド副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン)の使用や、血小板の輸血を行ないます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

症候性(続発性)血小板減少性紫斑病の関連キーワード血小板紫斑病二次性頭痛血小板活性化因子血小板凝集血小板凝集反応血小板障害血小板由来増殖因子腎血管性高血圧血小板(PLT、血小板数)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone