コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痩々亭骨皮 そうそうてい こっぴ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

痩々亭骨皮 そうそうてい-こっぴ

1861-1913 明治時代の小説家。
文久元年生まれ。伊予(いよ)松山の人。世相風俗を風刺する滑稽(こっけい)作家としておもに明治20年代に活躍した。狂詩,狂句(川柳),替え歌もつくった。狂詩には愛柳痴史の号をもちいた。大正2年1月19日死去。53歳。本名は西森武城。別号に骨皮道人。編著に「古今川柳一万集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

痩々亭骨皮の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android