(読み)りょうす

精選版 日本国語大辞典「療」の解説

りょう‐・す レウ‥【療】

〘他サ変〙 (古くは「りょうず」)
① 病気を治療する。療治する。
今昔(1120頃か)七「僧徹、此の人を以て、世に病有る人の許に遣て祈り療せさするに、必ず有り」
② 悪い所や欠点をなおす。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一〇「徳行の医士と訳す、人の罪悪を療し、善に遷らしむる故なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android