療治(読み)りょうじ

精選版 日本国語大辞典「療治」の解説

りょう‐じ レウヂ【療治】

〘名〙
病気けがを治すこと。治療
※日本後紀‐弘仁二年(811)二月壬午「沉滞悪瘡治無験」
今昔(1120頃か)二〇「身に重き病を受て、〈医師に値(あひ)て療治すと云へども不愈ず」 〔北魏書‐裴延儁伝〕
② 悪いところをなおすこと。
※雑俳・机の(1843)「療治して・こりゃ常着には惜しいけど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「療治」の解説

りょう‐じ〔レウヂ〕【療治】

[名](スル)病気やけがを治すこと。治療。「鍼(はり)で療治する」「荒療治

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android