コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癌対策基本法/がん対策基本法 ガンタイサクキホンホウ

デジタル大辞泉の解説

がんたいさく‐きほんほう〔‐キホンハフ〕【×癌対策基本法/がん対策基本法】

日本人の死因の1位であるへの対策を総合的に進めるための法律。癌に関する総合的な研究を推進するとともに、癌の予防・診断・治療技術の向上を図ること、患者が住む地域にかかわらず等しく適切な治療を受けられるようにすること、患者の意向を尊重した医療方法が選択される体制を整えることなどを基本理念とする。その実現のために国は「がん対策推進基本計画」を、都道府県は「都道府県がん対策推進計画」を作成する。平成19年(2007)4月施行。→癌診療連携拠点病院

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android